東京リポーターでは、東京にある事業者様の宣伝広告を一つの記事として、無料で公開しています。詳しくはお問い合わせください。記事掲載について

【神保町】東京都心で沖縄を感じたければ「アチコーコー」で決まり!

こんにちは、東京リポーター(@TOKYOxREPORTER)です。

今回は神保町にある東京アチコーコーを紹介したいと思います。

「アチコーコー」というととても印象に残る特徴的な名前ですが

これは実は、沖縄の方言で「熱々」とか「ホカホカ」の意味があるそう。

アクセスは神保町駅のA5出口から250メートルほど。

住所:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目38−1

水道橋・お茶の水からもアクセス可なので、周辺での仕事の帰り道に使い勝手が良いと思います。

大体1回の予算が¥4,000~¥5,000ほど。

この店を知ったのは、沖縄へ旅行に行ったときに、たまたまこのお店のことを耳にしたため。

前は沖縄で働いていた店主さんが、今は東京のこのお店を経営しているそうです。

豊富な泡盛や特徴ある日替わりパスタで、あったかい気持ちにさせてくれるお店です。

日替わりで様々な沖縄料理や、沖縄創作料理を出しているので、毎回飽きません。

合計20席くらいのこじんまりした店舗ですが、お客さんとの距離も近くてほっこり!

食べ物はどれを食べても美味しいですよ!

是非一度行ってみて下さいね。

神保町にある沖縄料理屋さん、東京アチコーコー。

11周年を迎えた同店は、神保町駅から歩いて5分ほど。

お店に入ってすぐ正面がカウンター、その奥にキッチン。

右手にテーブル席がある、合計で20席ほどのお店。

アットホームで沢山のお客さんがファンになるのも頷ける。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる