皇居周辺

こんにちは、東京リポーター(@TOKYOxREPORTER)です。

東京といえばエリアごとに色々な顔を持つ「ダイバーシティな街」というのが特徴ですよね。

知ってる方も多くいることではありますが

東京はその歴史や立地、都市としての機能・役割などに応じて

昔からグループ分けされているんです。

不動産情報や音楽など、ふとした時に「あれ?どこだっけ?」とならないよう

ここでまずは、東京に存在する4つのエリアについて、説明していきたいと思います。

東京23区は主に「城東」「城西」「城南」「城北」という

4つの地域に分かれています。。

これらの共通点である「城」とは、

徳川家康が幕府の拠点にした「江戸城」を指していますので

基本的には「城」の周りの位置関係でカテゴライズされているわけです。

東京の中心は「城」があった千代田区

現在、江戸城の跡地はすべて皇居となりましたが、

かつての名残りで東京23区には、皇居のある千代田区と、

それ以外の22区を東西南北でわけた呼び方が残っているのです。

そんな千代田区は明治以降、首都機能の中心地となり、

国会、中央省庁、最高裁判所といった三権の最高機関はじめ、

各政党の本部、警視庁といった国家権力が集中しました。

また、経団連や農協などの経済団体の本部、

銀行や出版社の本社も多数存在しています。

何やら物々しい雰囲気すら漂う千代田区ですが、

実は、この街で見出された異色のタレントが「マツコ・デラックス」さんです。

皇居周辺のお勧めスポット

マツコさんがメディアに出るきっかけとなった番組『五時に夢中』を

放送する東京のローカルテレビ局・通称「東京MX」は、

なんと皇居の西門「半蔵門」の目の前にあります。

そんな恐れ多い場所で、爆弾発言を連発して全国区のタレントに成り上がったマツコですが、

現在もその恩を感じてか同番組に出演中です。

そして、MXのスタジオは1階にあり、しかもガラス張りで外から中が見えるため、

あのマツコの姿を生で見ることも難しくありません。

千代田区を訪れた際には、ぜひ半蔵門へ足を運び、

皇居の緑あふれる美しさと道を挟んだ反対側にあるMXで

大暴れするマツコ・デラックスという、

対照的な2つを同時に眺めてみてはいかがでしょうか?

皇居周辺に立ち寄る際は、玄関口である東京駅丸の内出口で

記念に写真を撮っていきましょうね!