23区の基本データ >>

東京からの個人間海外送金は送金サービスが便利

情報
この記事は約5分で読めます。

グローバル化が進む現代

インターネットやSNSの普及で外国人と付き合うチャンスも、以前と比べて増えているように感じますし、格安航空会社の発達で外国に住みながらも日本で収益を上げる個人や企業も増加傾向にあるように思います。

そんな時代なので、外国人や企業と「お金のやり取り」をする機会のある方は意外に多いのではないでしょうか。

今回の記事では、そんな「海外送金」時のおすすめサービスを紹介します。

なお、地方などでは取扱店舗数の少ない兼ね合いからネット上で全て完結できる送金サービスやオンラインバンクの利用などがお勧めですが、

東京のような大都市の場合「代理店」が沢山存在しているので、そういった店舗に直接出向く方が簡単に間違いなく行えると思います。

海外送金の手段は3つ

個人間での海外送金するときには、以下の3つの方法が一般的です。

1⃣ 日本の銀行から送金する
2⃣ 海外送金サービスを提供する会社を通して送金する
3⃣ PayoneerやPaypalなどのオンラインバンクを使う

上記3つの方法は、それぞれ手数料の種類が違っていること、送金する仕組みなども異なっています。

また、実際に送金するとなった場面でもインターネットから簡単にできるものもあれば、電話で申込しなければいけないところもあります。

その為、海外送金をお得に利用したいときは実際の送金にかかる手間や為替手数料などを含む各項目を総合的にチェックすることが必要です。

結論からお伝えすると、銀行からの対応は中継銀行を経由することや送金と受取の際にも手数料が発生することから、手数料は高い傾向があります。

さらには銀行の性質上、着金までの時間もかかるので利便性は最も低いです。

『現地通貨ですぐに引き出したい!』といった場合には2番の海外送金サービスが便利です。

特に東京のような大都市であれば取次店が沢山ありますので、自宅周辺に店舗を見つけることも難しくないかもしれません。

また、ネット上だけでも完結させることが出来ますので、周辺に店舗がない地方の在住者にもメリットがあります。

3番のオンラインバンクは事業用の側面が強いですし、送金はネット上のアカウント間で行われることから引き出しの際に現地銀行へ振り込みをする必要があるため、一定の時間がかかります。


海外送金の手段ポイント

1:銀行は利便性が悪い
2:海外送金サービスがお勧め!
3:オンラインバンクは事業用


海外送金するなら海外送金サービスが安心便利

海外送金は送金サービスを提供する会社の利用が便利で安心です。

ここでは一例として、Monrygramという送金サービスを参考に紹介します。

Moneygramは最短10分で送金~受取まで完了し、送金金額についても保証されていることが特徴です。

最近の傾向として、送金手配から着金までの時間は、一昔前と比べ圧倒的に短くなっていますが、各サービスによっての強みや手数料額には差がありますので、気になる方は調べてみて下さい。

ここでは新宿に店舗のあるenRemitから、参考として各国への送金手数料と為替レートを掲載しておきます。

enRemit 送金手数料
enRemit 為替レート

送金の方法

送金方法は各サービスにより違いはありますが、インターネットからの送金申込、FAX、店舗窓口での対応が一般的です。

基本的に各会社でのアカウント作成の際に、マイナンバーカードなどでの本人確認が必要になっています。

海外送金サービス一覧

海外送金サービスはいくつもあります。

各サービスによって手数料や送金先も若干変わりますので、気になる方は調べてみて下さい。

ネット上で全てを完結するのに不安がある方は、MoneygramやWesternunionなどの実店舗のあるサービスを使うことをお勧めします。

Moneygram

アメリカの国際送金サービスの大手、Moneygram社は東京にいくつか取次店舗がありますので、ネットのみでのやり取りに不安がある方でも安心です。

約200の国や地域、35万拠点で受け取りが可能です。

Pay forex

payforexはネット上で全て完結する海外送金サービスです。

通常送金とスピード送金があり、通常送金の場合は着金まで1〜3営業日かかります。

200以上の国・地域への送金が可能です。

Transfer Wise

TransferWiseは、オンラインで海外送金サービスを行うイギリスの海外送金サービスの会社で、手数料も安めです。

隠れコストの撤廃を掲げており、手数料の金額を分かりやすく掲示しています。

Western Union

Western Unionを使って海外送金をする場合は、セブン銀行の口座を開く必要があります。

海外送金のサービス利用の申し込みはインターネット上で出来、実際の送金もセブン銀行アプリやオンラインバンクで済ますことが出来るので、普段からセブン銀行を使っている方にとってはとても便利です。

約200カ国51万拠点で受け取りが可能です。

オンラインバンクのPayoneerを使う方法

最期に事業用の海外送金や着金は、オンラインバンクのペイオニア社がお得です。

総額での手数料も他のサービスと比較して安く、使い勝手が一番良いです。

上ではPaypalと一緒にオンラインバンクとしてまとめて書きましたが、正確にいうとPaypalは決済サービスで、Payoneerは米国の法人口座のレンタルサービスという違いがあります。

PayoneerはPaypalと比較しても手数料が安く、利便性に長けています。

今なら当サイト限定の「100ドルキャッシュバック&手数料割引キャンペーン中」です。

アメリカの大手企業 Payoneer社なら海外送金手数料が無料です

Payoneerへの登録は以下から!
登録で100ドルもらえます

※口座に1000ドルの入金があった時点で、100ドルがボーナスとして付与されます※

オンラインバンクのPayoneerは
海外送金時の手数料が0円です
登録はPayoneer社と直接提携している
東京リポーター経由が圧倒的にお得

登録で100ドルを受け取れて
海外送金手数料は無料!

為替手数料は通常2%のところ
最安の0.8%で済むという
当サイト独自のキャンペーンです

タイトルとURLをコピーしました