東京リポーターでは、東京にある事業者様の宣伝広告を一つの記事として、無料で公開しています。詳しくはお問い合わせください。記事掲載について

【東京で一番好きな場所】私のお気に入りスポット【四谷:外堀土手】

皆さんは大人になってから、「昔に戻りたい」とか「感傷に浸りたい」などと思うときはありませんか?

私は、昔から「仕事に疲れた時」や「彼女と別れて寂しい時」、

「会社をやめようかと思ったとき」「人生に悩んだ時」など

ふと心が寂しくなったときは、四谷にある外堀土手に良くいったりするんです。

皆さんは「外堀土手」、実際に行かれたことありますでしょうか・・・。

目次

外堀土手

外堀土手と書いて字の通り、今回紹介する場所は「土手」。

つまり、遊歩道的な存在のところです。

場所は、JR四谷駅から上智大学の脇の道(ソフィア通り)沿いにある土手で、

階段を上がれば外堀を歩けるようになっています。

地下鉄丸ノ内線の四ッ谷駅、その地上ホームから眺めると上智大学のグラウンドの後ろに

この外堀土手が眺められるので、見たことのある方も多いと思います。

駅から上智大学を脇目に進んでいくと

最終的には「ホテルニューオータニ」の綺麗なお庭まで行くことができます。

「ホテルニューオータニ」の日本庭園は、江戸城の外堀に囲まれた約1万坪の広大な庭ですので

散策するのもとてもおもしろいですよ!

ちょっと深いような当たり前のことを言いますが、

きっと土地に対する思いって、そこに住んでいた頃の思い出が良いものか悪いものかで、

決まってきたりすると思うんですよね。

例えば、実際は不便で周りになにもないような土地だったとしても、

そこに住んでいたときの友人との楽しい思い出があると、その土地もひっくるめて好きになると思うからです。

私は以前このあたりに通っていたことがありますので、

きっとそのこともあって今でもこの土地を愛しているのだと思います。

さて、話がそれてしまいましたが、この外堀は桜の木がたくさん並んでいますので、

春になって桜が咲くと、それはもう満開です。

だから、お花見も楽しめるんですよ。

外濠公園の桜 写真素材無料壁紙

途中、迎賓館赤坂離宮も見えますし、この場所が都心にあることを確認できます。

また、土手を市ヶ谷方向に向かって歩くのも趣があっておすすめです。

途中、外濠公園があり、ナイター照明の中、野球が出来ちゃったりします。

外濠公園は常に解放されているので、桜の時期にはライトアップされた夜桜を見る場所としてもおすすめです。

彼氏・彼女とのデートで手を繋ぎながら外堀を散歩なんて、最高ですよね。

近くには上智大学がありますので、彼ら生徒にとっては外堀は青春の場所であるのでしょう。

都心で、しかも景色が非常に良い場所なので、是非行ってみて下さい。

どんな時に行く?

やっぱり外堀土手は、都会の喧騒から逃れられる場所、つまりオアシスですから

ふと立ち止まって休息したいときや、人生を見つめ直したい時に行ってみてもらいたいですね。

すぐ近くで都市の動きを感じながらも、のんびりと感傷に浸れる場所は貴重です。

外堀土手へ行くのであれば、江戸城の史跡を利用した外濠公園へも合わせていってみて下さいね。

特に、春は要チェックです。

都心で花見といえば、外濠公園でしょう。

夜桜や水面に反射する桜など、外濠公園ならではの花見を楽しむことができますよ!

アクセス

四ツ谷駅から、上智大学を左手に、ソフィア通りをまっすぐ。

所要約7分ほど。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる