東京リポーターでは、東京にある事業者様の宣伝広告を一つの記事として公開しています。詳しくはお問い合わせください。記事掲載について

あなたもやってみたい?東京で経験したユニークなアルバイト5選!

こんにちは、東京リポーターです。

皆さんは今までに一風変わったお仕事を体験したことありますか?

東京は人口がとても多く、その分仕事も様々なものが集まってくる街です。

そんな東京で、ユニークなお仕事に体験した方からコメントをもらいましたので、紹介したいと思います。

今回は「東京で働いたユニークなお仕事5選」です。

目次

東京でのユニークなお仕事体験

まずは、会計事務所でのお仕事体験です。

会計事務所と聞くと、デスクに向かって黙々と作業するイメージがありますが、

今回紹介するのは、そんな黙々と作業する方の「監視」が目的だったようです。

会計事務所での監視業務

体験者

池袋の某会計事務所で働いたときのことです。派遣会社(パソナ)に登録している時に紹介されたお仕事で、1週間の期限付きでの契約で勤務しました。

表向きは会計事務所の事務という事で派遣されましたが、実際の業務内容は、退職される方が多いと言うことで、所長の考えでは長年勤めている事務員さんが原因ではないかと睨んでいるらしく、事務所の現状を調査するという内容のお仕事でした。

会計事務所の所長さんは所長室にいるので、事務所内の空気・環境・人間関係がよく把握できていないそうで、退職する人が多いのは事務所内の人間関係が原因ではないかとおっしゃており、他の方には知られないように状況を教えてほしい、という依頼でした。

実際に勤務して感じた事は、事務所内の雰囲気は良く、事務員さん達の人柄も良く、所長が睨んでいた長く勤めている事務員さんも良い方だったので、何も問題なかったと報告しました。所長さんとしては肩透かしだったでしょうが、特にその事について言及される事もなかったので、私としては良い環境で事務のお仕事ができて良かったです。

変わったお仕事ですが、こういったお仕事は人を見る目がある人で、職場の人間関係をこまかく観察できる方にオススメだと思います。事務所内の人間関係や事務員さんの人柄を知るにはコミュニケーションをとらなければ内情をしれないので、人当たりがよくすぐに打ち解けられて、かつ冷静に他人を観察できる方が向いているとおもいます。

ということで、監視がメインのお仕事という面白い仕事を紹介してもらいました。

雑誌に掲載するコンテンツの提供

次に紹介するのは、東京ならではのお仕事、雑誌のコンテンツ制作への参加です。

テレビや映画のエキストラと同じように、マスコミ関連のお仕事はやはり東京に多いですね。

体験者

池袋駅前広場にてリクルート発のアルバイトを経験しました。

当時、焼き肉屋さんでバイトしてたのですがそのバイト仲間の大学生の紹介。一日で終わる単発バイトということで引き受けました。フロムエーの巻頭カラーページで関東VS関西対決特集というのがあり、あるテーマにそって競い合うというというものです。

週刊なので毎週テーマが変わり、確か5人づつの代決だったと思います。カメラマンと記者が来ており撮影は広場でおこないます。

専門学校の友達を5人集めて広場に集合しましたが、どんな内容なのか説明されておらず、少し心配でした。

現場に入ると、時期が梅雨に入る頃ということでテーマは「雨」でした。

傘に落書きをしたり、口の中に不二家のパラソルチョコが何本入るか、雨の日の衝撃的エピソードとかの対決でした。一日限りの単発バイトだったし、写真で顔出しもあったので若い学生が向いていると思います。

ある程度融通のきくノリのいい人、ふざけたことも楽しんでできる人、にぎやかで面白い人だったら尚いいと思います。好奇心旺盛な人がいいと思います。

私は学生時代の2年間しか東京に住んでいなかったので雑誌に載ったことはいい思い出になりました。また、おかげでバイト仲間の仲が深まった気がします。悪ふざけの延長でお金がもらえたのでいいバイトでした。

また、同じようなお仕事として「エキストラ」でのお仕事を体験した方からの投稿がこちら。

体験者

若手歌手が主演の映画撮影現場で日雇いでした。
ネットの知人から口コミで、仕事の募集を知りました。

韓流のアイドルが主演の映画で、ヴィジュアル系バンドのファンのエキストラ役をしました。当時無名の歌手が数年後超有名歌手になっていたのでとても驚きましたね。参加してよかったです。

完成した作品のDVDは今でも大切にとってあります。

エキストラ役で私のほかに200人ほど参加者がいましたが、全員本気のヴィジュアル系バンドのファンなので両手を頭の上に掲げて揺らす独特のダンスが上手でした。全員一糸乱れぬガチダンスだったのでちょっとした儀式のような光景でした。ヴィジュアル系オタクとかその道を究めたオタクとかにむいているとおもいます。

撮影現場ではファン同士の交流も楽しげだったのでコミュ力が旺盛な人に向いていますが、内気な私は一度参加しただけでした。

今の時代はネット上の知人が多い人のほうが仕事の情報が入手しやすいと思います。

芸能人の卵をまじかで見ることができるのでとても面白いです。自分が参加した作品を10年後見ると当時の若手俳優が10年後大物俳優になっていましたので、とてもいい記念になりました。

ということで、この方も言う通り、芸能人やその卵の方に出会える機会というのは

結構後々に残る良い思い出になりますよね。

私も学生時代には、映画やCMのエキストラを経験しており、有名芸能人に沢山出会うことができました。

こういったお仕事を探す際は、Googleなどで「エキストラ 求人」と検索するとたくさん出てきますよ。

完全な単発の仕事は不定期で出てくるものなので、どこかの斡旋会社へ登録をしておき、

単発の仕事があったら声をかけてもらえるように交渉しておくのも良いでしょう。

自分がメディア作品に出演しておくというのは、思い出づくりの1つとしても楽しいですよね!

区間距離の測定

こちらは、とても珍しいお仕事だと思います。

地図を作るわけでもないのにA地点とB地点の距離を正確に測るという、謎のお仕事です。

体験者

当時は仕事が無く知人に相談したところ、変わった仕事だけど募集してる知り合いの会社があるからやってみる?と言われ紹介してもらいました。

最初は正直不安に感じましたが、ちゃんとしてそうな会社だったので面接を受けた時には不安は解消されました。

依頼者(お客さん)の自宅から依頼者が行きたい場所までの距離を測るという仕事で、立川市で参加しました。

細かく説明すると依頼者が例えば自宅から近郊にある大型ショッピングセンターに行きたいけど最短の距離数を知りたいという依頼が来て、それを実際に徒歩での距離数と自転車での距離数と自動車での距離数を正確に測るという仕事内容。

ちなみになぜ依頼者はそんな細かな事が知りたいのか正直不思議でなりませんでしたが、予想以上に依頼者が多くいた事にも非常にビックリしましたね。

今の世の中、何でも仕事になるんだな‥と率直に思いました。

距離数を計測するのは一人なので基本的に一日中一人作業なので人間関係が苦手な方には非常に向いています。

歩く事や自転車や自動車を運転する事が好きな方にもおすすめですね。

ただし歩いての計測は非常に過酷なので体力が無い方には向いていません。

一人作業ですし休憩時間も自分で決めて良いので非常に気が楽ですし。給与も月に最低でも50万円は頂けましたから、良い仕事だなと素直に思いました。依頼によっては東京都にある依頼者の自宅から山梨県甲府市にあるホテルまでの徒歩での最短距離数を知りたいという依頼もあり非常に過酷な仕事内容もありましたが、そうした場合は数泊分の宿代や食事代もしっかりと出ますから、一人旅気分で個人的には楽しめました。

こうした事からおすすめ度は高く10点満点中8をつけたいです。
マイナス2点は過酷な仕事内容もあるからです。

→株式会社はらにし

とても給与の高いお仕事で、正直羨ましいと思ってしまいました・・・。

私は一人散歩が大好きなので、こんなに魅力的な仕事は他にないな・・と書きながら感じています。

この求人を募集している会社がありましたら、是非お声がけいただきたいですね!(切実)

外国人観光客への観光案内

次は、海外などではよく見かけるお仕事かもしれません。

外国人への「個人ツアー業務」です。

体験者

都内で人気のある観光スポット各所+都内の美味しいおすすめレストランに外国人観光客を連れて行く、エスコートと写真撮影サービスのお仕事でした。

SNSでアメリカ人からDMで観光案内をして欲しいと頼まれたたので、有料で東京都内の観光名所を数箇所候補をあげて、外国人観光客とマンツーマンの専属観光案内(英語での通訳+各所割引入場サービス+プロの写真撮影サービス)一日コース案内。

英語圏の人や英語が使える外国人向けの、日本人+東京のトレンドを知っている+英会話が出来るのを活かした、マンツーマン観光スポット巡りと食事とプロ機材カメラで撮影をするという物。

日本に初めて来た人ではなかなか行けないような所に案内して、都内の有料公立施設に無料で入れて、交通費や食費等の経費は、観光案内のお客さんが負担してもらい、プロフォトグラファなので業務用の一眼レフカメラでお客さんの望み通りの写真を撮ってあげて、観光案内費は全額お客様負担で、撮影費用として30,000円を受け取ります。

日本に旅行に来て、日本についての観光ガイドブックしか情報源の無い、どこを見てまわったらいいか迷っていう独りきりの外人旅行者を、なんとなくの旅行内容を聞いて、一日かけてお客さんの事を満足出来る東京旅行を楽しんでもらうというお仕事。

ありそうで無いサービスらしく、口コミで色々な人をその人の好みに応じて案内し、独りだと自撮りしか撮影方法が無いがプロ仕様のカメラで記念写真撮り放題サービスを楽しんでもらいます。東京のマニアックでトレンディな場所を知っている人で、主に英会話が流暢な人にとったらもってこいの仕事ですね。

英会話は出来るに越した事はありません。

ですが、どちらかというと日本の文化を熟知している人向けの仕事なので、英会話中級者でも英会話の勉強にもなりますし、都内での美味しい高級なお店で外人のお客さんの全額負担で昼ごはんや晩御飯を楽しめます。

お客さんを探すのには若干テクニックが必要ですが、外国人と交流したり英語を使って外国から来た人に喜んでもらえるのが楽しいと感じる人にとってはかなりオススメです。

普通は英会話はお金を払って勉強すると思いますが、観光案内する事で英会話の無料練習にもなりますし、外国人が行きたい日本の観光地に行くと、日本人だと行きたいと思わない様な所に行ったりするので、日本人なのに海外から日本に旅行に来た様な感覚になるので、お客さんを喜ばせつつ自分も楽しい一日を過ごせて、皆がハッピーになるのでオススメです。お金を頂くのが申し訳ない程でした。

英語さえ話せれば良いので、個人事業としても始めやすいお仕事かもしれません。

とはいえ、新型コロナウィルスの感染で外国人観光客は皆無なので

今は到底、成り立たないお仕事ですね・・・。

遺品整理

遺品整理は、これからの日本にとても引き合いのあるお仕事となるでしょう。

実際の体験談としても、貴重なお話です。

体験者

東京都文京区で遺品整理などの仕事をしていました。

独居老人が孤独死した場合の特集をTVで特集していました。誰にも看取られず、1人で亡くなった後、それまで住んでいた住居の後始末は放置されている場合が多いのを知って、その対応が出来る仕事ということで井熊会社を選びました。

仕事内容は主に遺品整理・生前整理・特殊清掃・ハウスクリーニング、除菌清掃、日常清掃などになります。

荷物の整理、仕分けをして不要なモノを提携業者と種分けして、残りは廃棄します。

また探し物や思い出の品を検索しますので、大切なモノが見つかってお客様に喜ばれることもやりがいの一つでした。

特殊清掃作業としては、・孤独死があった部屋の清掃、消毒、消臭・水害があった家の家財撤去、消毒、消臭・火災があった家の煤除去作業、消臭・ウィルス感染者が発生した場所の除菌家財整理作業(遺品整理、空き家整理、ごみ屋敷整理)・依頼者宅での家財の仕分、分別の作業・・・・依頼者宅での貴重品の捜索・・・・・・・・になります。

キレイにするお仕事なので、さっぱり気持ち良い達成感が好きな方、コツコツ、モクモク作業好きな方にもおすすめ。

お客様にとって不要なモノも誰かのお役に立てるため買取したり、寄付やリユースするご提案もするのでゴミ環境問題を解決する取組にもなります。

直で人のお役にたてる仕事であり、且つそこに住んでいた人たちの人生を体感することができるので自分の為にもなると思ったからです。

東京はひとり暮らしに便利な街ですから、遺品整理や孤独死の機会は多いでしょうね。

東京ならではのユニークなお仕事。長く続けることで開ける道もある!

とういうことで、東京ならではの一風変わったお仕事を集めてみました。

気になる仕事情報はあったでしょうか。

先にもお伝えしたとおり、やはり地方と比べると東京は「チャンスの数」が圧倒的に大きいです。

都会の100番より田舎の1番(?)みたいな言葉があったと思いますが、

そもそもチャンスが回ってこないと成果は出ませんので、少しでもユニークな生き方をしたければ

東京で仕事を探すのが一番の近道。

移住するかお悩みの方は、是非一度東京へ引っ越しして、移住をお試ししてみては?

【関連記事】
【上京物語】高校卒業後、すぐに地方から上京した私の体験談
東京での一人暮らしは安心の上京サポートを活用しよう【格安初期費用&家賃】

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる