東京リポーターでは、東京にある事業者様の宣伝広告を一つの記事として公開しています。詳しくはお問い合わせください。記事掲載について

23区別家賃相場とおすすめエリア上位の5区を紹介!【利便性?居住性?】

皆さんこんにちは!

今回は「23区別家賃相場とおすすめエリア上位5選!」というタイトルで、

東京23区の不動産情報をお届けします!

23区の不動産状況や、23区での居住を考えていられる方は是非参考にしてみてください。

本記事ではそんな方々に向けて、以下のコンテンツでお送りしていきます。

目次

家賃相場は区によって異なる!つまり・・・

本テーマを語る上で、前提として押さえておかなければならない事実は、

他の地区と比較しても「23区内には家賃相場に、より大きな差がある」という点です。

生活の質でいうと上も下も、大きなギャップが有るというのが、23区内の特徴といえるでしょうか。

オフィスに通いやすい都心部であれば家賃相場は高くなりますし、

都心から離れた郊外であればあるほど家賃相場は下がることとなります。

それはつまり、同じ家賃を払うとしても場所によって物件の質や居住面積が変わるということです。

電車で15分行くだけで、同じ家賃でも木造の古いアパートなのか、コンクリ打ちっぱなしのおしゃれなマンションなのか、

そういった感じですね。

この「利便性」は、23区内の家賃相場を決定する最も主要なファクターであることに疑いはありませんが

利便性を求めれば求めるほど、同じ家賃で得られる「居住性」は下がります。

他にも都市の再開発などによる地価の変動が、この家賃相場に影響することもありますね。

例えば複合型ショッピングモールなど多くの人たちの来訪を見込む施設の建設などは、

再開発の典型例であると言えるでしょう。

マグカップを持っている手

中程度の精度で自動的に生成された説明

それでは次に家賃が安いことのメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

何事もローコストで済ませることができれば、それに越したことはないですよね。

しかしどんなに安価を謳うものでも、何かの犠牲の上にそれが成り立っているという事実を忘れてはいけません。

これは家賃であっても同様です。

具体的に検討しなければならないデメリットは、代表的なところで以下のようなものが挙げられます。

・利便性の犠牲
・事故物件の可能性
・大家さんなどによる管理の厳しさ

あくまでこれは基本的な必須の検討すべき事項ですが、

家賃が安いからと言ってすぐに物件に飛びつくことなく、今一度冷静に考えてみましょう。

住み心地ランキング上位5区を紹介!

窓に付いているベッドルーム

中程度の精度で自動的に生成された説明

それでは最後に、23区別の家賃相場と住み心地について簡単にみていきましょう。

今回は住み心地の1点に絞り、上位5区をランキング形式にしました。

そしてその後家賃相場を見ながら簡単な概説を加えていきます。

まずはざっくりとした情報から自分の大まかな好みを把握し、

詳細な理想の物件選びに役立ててみてくださいね。

1位:世田谷区(12.98万円)
2位:中野区(11.93万円)
3位:江戸川区(7.94万円)
4位:足立区(7.58万円)
5位:大田区(9.92万円)

*家賃相場は1LDK〜2DKを想定

1位の世田谷区は23区内でも中間〜上位の家賃相場を持つ区域となります。

都心にほど近く、多摩川沿いの緑豊かな公園などが多いことから人気区となっています。

そして2位は中野区

家賃相場は世田谷区と1万円ほどの差となりますが、やはりこちらも都心へのアクセスが抜群です。

人口密度は23区内中3位と高く、非常に活発であり賑やかさを持ち合わせる街です。

次にランクインしたのは3位の江戸川区

前者の世田谷区・中野区が都心の西側に位置するのに対し、

江戸川区は対極となる東部に位置しています。

現在は休業しているものの、葛西臨海水族園はこの江戸川区にあるなど、

レジャー施設も充実しています。

そして4位は足立区

こちらは都心の北部に位置する区となりますね。

足立区には荒川などの水辺や、青々とした緑が映える公園も点在し、

自然環境を売りにしている街といえるでしょうか。

都心へのアクセスは確保しつつ、緑豊かな場所に暮らしたいと考える人にはぴったりの街であると言えるでしょう。

そして最後にランクインしたのは5位の大田区

大田区は都心へのアクセスが抜群なことはもちろんですが、

最大の特徴として「羽田空港」を有する区であるため、

飛行機を利用する場合には間違いなく利便性の高い街であると言えますね。

海外や国内遠方へよく行く方にとっては、うってつけの場所ともいえるでしょう!

まとめ

ということで、ここまで東京23区内の家賃相場などを見てきました。

それぞれの区が持つ特色には当然違いがあり、各区は様々な面から自区のアピールを行っています。

他の大都市と比較しても東京は区ごとの個性がひときわ強い場所でもありますが、

今回ご紹介した家賃相場や住み心地は、居住エリアを決める要因のほんの一部に過ぎません。

自然の多さ、物価、雰囲気など、他にも目安とするべきポイントはたくさん存在しますので、

本記事が誰かのお役に立てれば、幸いです。

本サイトでは、実際に行ったアンケートなども紹介していますので、よかったら読んでいってくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる